縁起  寺内案内  行事

 

五剣山八栗寺縁起

栗寺は四国第八十五番の霊場と共に歓喜天霊場として知られ淳和天皇の天長六年(西紀八二九年)の創建で弘法大師空海の開基といわれる。

 寺伝によれば大師がこの山に登って求聞持の法を修せられた時五ふりの剣が天降り山の鎮守蔵王権現が現れ「この山は仏教相応の霊地なり」との御神託を蒙り五剣を中嶽に埋め大日如来の像を刻み山の鎮護としたので五剣山と名つく。大日如来の像は今も現存する。


 

頂に登って四方を展望すれば八カ国が望めたので八国寺といわれたが、延暦年中大師が再びこの山に登り入唐求法の前効を試みるため植え置かれた焼栗八つが帰朝後に悉く成長繁茂しているのを見て八国寺を改め八栗寺と呼ばれるようになった。

 降って天正年間長曽我部元親の軍勢が八栗城攻略の時兵火のため全焼したが文禄年中に無辺上人が本堂(三間四面)を再建。さらに寛永十九年藩主松平頼重侯が現在の本堂(五間四面)を再建し大師作の聖観自在菩薩を本尊として安置し院観自在院と称するようになった。

  然し現在の本堂並に二天門は宝永六年藩主松平頼豊侯再建と棟札にある。

剣山は昔は文字通り五つ峰があったが宝永三年の大地震により東の一峰が中腹より崩壊し現在の姿になったといわれる。